葬儀で身に着けるアクセサリーのマナー

葬儀で身に着けるアクセサリーにもマナーはありますが、見落としがちな傾向にあります。アクセサリーのマナーを確認し、失礼のないように準備しておきましょう。

葬儀の喪服が和装の場合は、アクセサリーを身に着けないのがマナー

葬儀の喪服には、和装と洋装の2種類あります。和装の場合は、アクセサリーを身に着けないのがマナーです。

洋装の場合は、アクセサリーを身に着けるかどうか、意見が分かれます。身に着けるという意見の根拠は、男性の喪服にネクタイが必要なように、女性は真珠のネックレスがセットだという考えからです。

一方、身に着けないという意見の根拠は、葬儀の身だしなみは控え目な装いがよいという考えからです。

葬儀でアクセサリーを身に着けるかどうかについて、正解はありません。葬儀のスタイルや参列する方によって、身に付けるか、付けないかを判断しましょう。

葬儀にふさわしい真珠のネックレスの種類と選び方

葬儀に身に付けるアクセサリーは、真珠のネックレスが一般的です。なぜ、真珠のネックレスが選ばれるのか、その理由を紹介します。

涙の象徴である真珠で追悼の意を表す

イギリスのエリザベス女王が、チャーチル元首相の葬儀で真珠のネックレスを身に着けました。この出来事がきっかけとなり、葬儀のアクセサリーとして真珠が選ばれるようになったといわれています。

古くから真珠は、「神の涙」「月の涙」といわれ、涙の象徴とされてきました。そのため、故人への追悼の意を表すという意味も込めて、葬儀では真珠のネックレスを身に付けるのが一般的になりました。

また、真珠が持つ、落ち着いた美しさが、フォーマルのイメージに合っていることも、葬儀で選ばれる理由のひとつといえます。

真珠のネックレスは一連の銀色を。ピアスは控える

真珠のネックレスは、1連のデザインを選びましょう。2連や3連のデザインは、華やかに見えるだけでなく、「重なる」=「不幸が重なる」というイメージを連想させるので、控えましょう。これは、真珠以外のネックレスでも共通することです。

真珠の色は、ゴールドなどさまざまな色があります。葬儀で見つける場合は、ホワイトゴールドやプラチナなど、控え目な銀色を選んでください。

また、耳から吊り下げたり揺れたりするピアスは、ファッションというイメージが強いため、真珠のピアスであっても、身に着けないことが無難です。

真珠以外で身に着けていい宝石や、アクセサリーの種類

真珠以外に、葬儀で身に着けていい宝石とされているものは、オニキスや黒曜石、ジェットです。この3つはモーニングジュエリーといわれ、弔事に身に付ける宝石とされています。

指輪は、結婚指輪であればアクセサリーとはみなされないため、身に着けても問題ありません。ファッションとしての指輪を身に着けるのは避けましょう。

イヤリングやピアスはファッションのイメージが強いため、身に着けないのが無難です。もし、身に着ける場合は、ぶら下がるデザインではなく、土台に一つだけ装飾がついたシンプルな銀製のものを選びましょう。2粒装飾が重なっていると、「不幸が重なる」というイメージを想起させるからです。

ネックレスやピアスなど、複数のアクセサリーを身に着けると、華やかな印象を与えてしまいます。葬儀では、シンプルで落ち着いた装いを心がけましょう。