焼香のやり方・作法を紹介

焼香とは、故人を弔うために香を焚き、穢れを取り除いて、清浄な心身で故人を拝むための作法です。
焼香のやり方は3種類あり、さらに、宗派によっても作法が異なります。いざという時に困ることがないように、焼香の種類や宗派ごとに、焼香の作法を紹介します。

焼香のやり方は3種類

焼香のやり方は、立って行う立礼焼香、座りながら行う座礼焼香、座ったまま焼香炉を順番に渡していく回し焼香の3種類です。それでは、どのような作法があるのでしょうか。焼香の流れとともに、詳しく解説します。

立礼焼香

椅子席のある斎場では、立礼の焼香を行います。花祭壇の前に備えられた焼香台の手前で止まり、家族や僧侶に一礼します。身を正して遺影に合掌し、さらに一礼します。

その後、焼香台へ進み、焼香します。焼香を終えたら合掌し、最後に改めて家族に一礼し、席へ戻ります。

座礼焼香

畳敷きの寺院や、和室で行う自宅葬では、座礼の焼香を行います。手順は立礼焼香と同じですが、膝行(しっこう)や膝退(しったい)という移動法で焼香します。

膝行・膝退とは、正座したまま移動する所作で、両手を使って膝立ちし、にじり寄るものです。この時、両手は拳を作り親指を立てます。

焼香炉の前に移動する、または焼香炉から離れる際は、両手の拳を膝より前に付き膝で歩きます。一礼をする際は拳を開き、指を揃えて膝の上、あるいは畳に八の字に置きます。

回し焼香

座ったまま、焼香炉を隣の人へ順番に渡しながら焼香を行います。焼香炉を受け取るときは軽く会釈し、立礼焼香と同じ手順で焼香します。椅子席の場合は、焼香炉を膝に乗せて行います。

焼香の作法は宗派の中でも、菩提寺によって異なる

焼香の一般的な作法は、右手親指、人差し指、中指の3本で抹香をつまみ、押しいただき(額の高さまで上げること)、指をこすりながら香炉に落とします。焼香を行う回数、押しいただくかどうかは、宗派によって異なります。

宗派ごとの一般的な作法は下記の通りになりますが、付き合いのある菩提寺の考え方によって、作法が異なることがあります。わからない場合は、菩提寺に確認しましょう。

菩提寺と付き合いがなく、葬儀社に僧侶を紹介してもらった方は、一般的な作法で焼香してください。

宗派 焼香の回数
天台宗 決まりはない
真言宗 押しいただき3回
浄土宗 押しいただき1~2回
浄土真宗本願寺派 押しいただかずに1回
浄土真宗大谷派 押しいただかずに2回
臨済宗 1回(押しいただく、いただかないの決まりはない)
曹洞宗 1回目は押しいただき、2回目はそのまま落とす
日蓮宗 押しいただき1回または3回