葬儀の服装マナー。葬儀にふさわしいスーツやワンピース、小物を紹介

葬儀は厳粛なお別れの場ですから、葬儀にふさわしい服装と、ふさわしくない服装があります。
マナー違反にならないように、葬儀を行う喪主やその家族と、葬儀に参列する方と、それぞれの服装マナーについてご紹介します。

男性の喪服はブラックスーツで、光沢があるものは控える

男性の喪主やその家族が着用するのは正喪服です。正喪服とは、洋装であればブラックのモーニング、和装であれば黒の紋付羽織袴になります。

男性の参列者は、正喪服に準ずるとされる、準喪服を着用するのが葬儀のマナーです。準喪服はシングル、もしくはダブルのブラックスーツで、スリーピースの場合はベストも黒で統一します。最近では、喪主やその家族も、準喪服を着用する傾向にあります。

シャツは白、ネクタイは黒が基本

スーツの下に着用するシャツは白い無地、ネクタイは黒を選んでください。ネクタイに、ネクタイピンは付けません。靴下もブラックを選び、全身を黒でコーディネートにしましょう。

光沢がある生地や光るアクセサリーは注意

光沢がある生地は、派手な印象を与えます。スーツの生地は光沢がなく、落ち着いたものを選びましょう。また、時計などの小物やピアスなどのアクセサリーは要注意です。派手なタイプの時計や、ピアスなどのアクセサリーは葬儀の場にふさわしくないので、身につけるのは控えましょう。

女性の喪服もブラックで、露出が少ないものを選ぶ

女性の喪主やその家族が着用するのは、男性と同じように正喪服です。洋装の場合はブラックのワンピースやアンサンブル、スーツ、和装の場合は黒無地の着物になります。

女性の参列者は、正喪服に準ずるとされる、準喪服を着用するのが葬儀のマナーです。準喪服はワンピース、スーツ、アンサンブル、パンツスーツで、生地は黒無地や地味の織り柄、光沢のないものなど、正喪服に準じたものを選びましょう。

女性の喪服は露出を抑える

女性の喪服は、肌を露出しないことがマナーです。参列する前に、胸元や二の腕、足など、露出をする服装でないかをチェックしてください。

スカートを着用する場合は、長さがふくらはぎ丈のものを選びましょう。スカートの場合は、黒いストッキングを履くのが無難です。

アクセサリーは控え目に

アクセサリーも派手なものは控え、ブラックか地味な色で、柄がないものを身に着けるのが一般的です。葬儀の場での香水や派手なネイルはマナー違反となるので、控えましょう。

音が鳴るヒールは避ける

葬儀でコツコツと歩く音が響くと、厳粛な雰囲気を壊しかねません。なるべく音が鳴らないヒールを選びましょう。

小物・持ち物の注意点。革の素材がマナー違反のわけ

革の素材は、殺生を思わせるため、葬儀では動物の革を用いたバッグやベルトなどを身に着けることは避けましょう。

特に、蛇やクロコダイルなど、革を使用した小物は特徴的で目につきやすいものです。喪主やその家族に配慮し、参列者を不快にさせないためにも、注意しましょう。

このほかにも、小物や持ち物で気をつけたいおのを紹介します。

袱紗(ふくさ)

香典を包む袱紗(ふくさ)は寒色系を選びましょう。紫や藍色、グレーなどの色がありますが、紫を選ぶのが一般的です。

手袋・ハンカチ

手袋は黒を使用してください。素材は光沢がなく、地味な布製が良いでしょう。ハンカチは白か黒が無難です。柄のない、フォーマルな場にふさわしいものを選びましょう。

雨の日や、夏の暑い日差しを避けるために傘を使用する場合もあります。その場合は黒やグレーなど、暗い色を選ぶのが基本です。

「平服でお越しください」の意味は、略喪服での参列

読経や焼香といった宗教儀式がない無宗教葬などでは、葬儀の案内に「平服でお越しください」と書かれている場合があります。

平服は普段着という意味がありますが、葬儀での平服は「正装ではない服装」という意味です。カジュアルな普段着で良いという意味ではありません。

「平服でお越しくださいと」いわれた場合は、略喪服を着用して参列しましょう。男性の場合はネイビーや濃いグレーのダークスーツに、柄のない白シャツなどの、シンプルな服装が一般的です。

女性の場合もブラックやグレーなど、地味な色のワンピースやスーツなどが一般的です。デザインは、露出の少ないものを選びましょう。

葬儀は故人を偲ぶ大切な時間です。しきたりやマナーが重視されるので、思わぬことでマナー違反にならないよう、分からないことや不安なことがあれば、葬儀社に相談しましょう。