危篤・逝去からお通夜、葬儀・告別式まで一般的な葬儀の流れ

いざという時に、落ち着いて葬儀について考えることは難しいものです。危篤・逝去からお通夜、葬儀・告別式まで、どのような流れで、何をすればいいのか、あらかじめ分かっていれば、慌てることもありません。入院している方が逝去してから葬儀までの流れと、家族がやるべきことを紹介します。

危篤の連絡を受けてから葬儀までの流れ

危篤

病院から危篤の連絡を受けたら、まずは最期に本人が会いたい方、会わせたい方に連絡します。

緊急事態ですが、車で病院に向かう方は、事故を起こしたりしないよう、落ち着いて運転してください。

病院に泊まり込む場合もあるので、数日分の着替えを用意することをお勧めします。また、入院費や、退院時の移動に必要なタクシー代などの支払いのために、現金も用意しましょう。

危篤の時点で葬儀社が決まっていない場合は、4社から見積りや資料を取り寄せ、分からないことを電話やメールで確認してください。

可能であれば、葬儀社のスタッフと会い、葬儀をお手伝いする会社の姿勢や、スタッフの人柄も含めて、葬儀を依頼する葬儀社を選びましょう。

葬儀とは、喪主やその家族と葬儀社の社員が葬儀までの時間を共有し、内容や予算の打ち合わせを重ねてかたちにしていくものだからです。

臨終

逝去の連絡を受けたら、親族や親しい友人に連絡します。逝去の連絡は、深夜・早朝でもかまいません。また、遠方の方で病院に駆けつけることができなくても、故人とご縁の深い方には連絡しましょう。

この時、故人の移動に必要な寝台車を手配するため、葬儀社にも連絡を入れます。寝台車の到着時間を確認して、看護師に伝えてください。

エンゼルケア

看護師が、故人の外見を整えるためにメイクを施したり、体を保つための処置を施します。看護師に依頼すれば、家族もエンゼルケアを行うことができます。

エンゼルケアは、家族にとっては、逝去したばかりの故人と過ごす、お別れの時間でもあります。故人のぬくもりが感じられるうちに、顔に触れたり、手を握ったり、声をかけてください。

退院手続き

医師から市区町村の役所に提出する死亡診断書を受け取ります。死亡診断書の発行は医療保険外なので実費負担です。病院にもよりますが、死亡診断書の発行に5,000円から20,000円ほど掛かります。また、病院よっては退院時に、入院費を支払いが必要になるので、事前に確認しましょう。

搬送

故人の私物を整理して、自宅か故人を葬儀の日まで休ませる専用の安置施設へと移動して、安置します。自家用車がない場合は、タクシーを手配しましょう。なお、寝台車によって1名もしくは2名が乗車できます。

菩提寺と付き合いのある方で、自宅に安置する場合は、菩提寺に連絡を入れ、故人の安置先と到着時刻の予定を伝えましょう。

故人が迷わないように、枕元でお経を読む、枕経をあげてもらうためです。自宅以外で安置する場合は、枕経を行わなかったり、お通夜で行われることがあります。

遺体安置

自宅もしくは専用の安置施設に故人を安置します。自宅に安置した場合は、葬儀社のスタッフが、故人の枕元に置く供物台、枕飾りを備えます。

菩提寺と付き合いのある方は、枕経をあげてもらった後に戒名を依頼し、お車代として5,000円から10,000円を渡します。

家族内の打ち合わせ

喪主や世話役を決めます。喪主は故人との縁が最も深かった人が務めます。一般的には、配偶者や長男が喪主を務めます。

また、葬儀の予算や参列者の人数をもとに、葬儀の内容を決めます。故人の遺言や、エンディングノートなどに葬儀に関する故人の要望がないかも確認しましょう。

葬儀社との打ち合わせ・段取り

葬儀社の担当者と、葬儀の規模やスタイルなど、葬儀の内容を相談します。その内容をもとに、葬儀社は葬儀費用の見積りを出しますので、葬儀費用に納得がいかない場合は、納得できるまで相談しましょう。

また、市区町村の役所から火葬に必要な火葬許可証を発行してもらうため、葬儀社の担当者に死亡診断書を渡して、手続きを代行してもらいます。

葬儀の案内

葬儀社との打ち合わせで決まった、お通夜や葬儀・告別式の日時、場所を葬儀に参列してほしい方に伝えます。葬儀の内容を伝える訃報は、葬儀社が作成します。

納棺

故人を棺に納める納棺の議を行います。故人の着替えを依頼している場合は、納棺の前に故人が愛用していた洋服への着替えを行います。

お通夜から葬儀・告別式の流れ

お通夜

斎場に到着した喪主や家族は、お通夜の開式前に供花の位置や席順を確認しましょう。また、弔電が届いている場合は、紹介する弔電を選んでください。

僧侶が到着したら控え室へと案内し、葬儀社が案内するタイミングで、お布施を僧侶に渡します。

葬儀社の担当者がお通夜を進行し、焼香を終えた参列者を通夜振る舞いの席へと案内します。喪主は通夜振る舞いの席で挨拶し、翌日に行う葬儀・告別式の案内をします。

葬儀・告別式

故人の思い出の品やお花を柩に手向け、故人と最期の別れをします。お別れの儀の後、最後に喪主から参列者へ挨拶します。

出棺

柩を霊柩車に乗せて、故人を火葬するために火葬場へ移動します。この時、喪主は位牌を持って霊柩車に乗り、一緒に火葬場へ向かいます。

葬儀後の流れ

火葬・収骨

火葬が終わるまでの約1時間、家族や親族は火葬場にある控え室で待ちます。火葬が終わると、家族や親族は、故人の遺骨を骨壺に収めます。この時、火葬場の職員から、納骨に必要な埋葬許可証を火葬場から受け取ります。

精進落とし

故人との別れを偲び、参列者に感謝の気持ちを伝えるための会食です。喪主は初めと終わりに挨拶を行います。

後飾り

骨壺を自宅に持ち帰り、葬儀社の担当者が設ける後飾り祭壇に、遺影や白木位牌といっしょに備えます。

納骨・四十九日

四十九日の忌明けを迎えたら、後飾り祭壇を片付け、遺骨を墓地や納骨堂へ納めます。また、香典をもらった方には、お礼状といっしょに香典返しを送りましょう。