香典の金額・相場や渡し方のマナー

香典は、故人へのお供え物であった線香や抹香、お花などに代わって贈られるようになったものです。
葬儀は、突然行うこともあるため、家族にとっては急にお金が必要になることから、今では扶助としての意味合いで香典を渡す方もいます。
香典で誰もが悩むのは、包む金額です。いくら包めばいいのか、相場が明確ではないからです。香典の一般的な相場といっしょに、渡し方のマナーについても解説します。

香典の金額・相場は故人との関係で決まる

香典の金額に明確な決まりがありませんが、故人との関係によって、ある程度の金額の相場はあります。

故人との関係 金額の相場
祖父母、おじ、おばなどの親戚の関係 10,000円から30,000円
50,000円から100,000円
兄弟や姉妹 30,000円から50,000円
仕事関係の方や友人 5,000円から10,000円
仕事関係の方や友人の家族、近所の方 3,000円から5,000円

香典の金額は、地域によっても差があります。金額がわからない場合は、地域の年長者に相談してみましょう。

香典の渡し方の基本は、お悔やみの言葉と一緒に

香典を渡すタイミングは、葬儀を行う式場に入る前です。芳名帳か芳名カードに、名前や住所を記帳して、式場の入口付近に設けられている受付で渡します。受付がない場合は、家族に直接手渡しましょう。

受付係に香典を渡すとき、一礼をして次のようなお悔やみの言葉を述べます。
「このたびはご愁傷様でございます」
「突然のことでお悔やみ申し上げます」
「心よりお悔やみ申し上げます」

葬儀では言葉が少ない方がいいとされているため、目礼で済ませることもあります。

香典は袱紗(ふくさ)に包んで持参します。受付でお悔やみの言葉を述べた後、袱紗から香典を取り出して渡しましょう。袱紗を渡すときの手順は次の通りです。

袱紗から香典を取り出します。

袱紗を畳み、香典の表書きを手前にして、袱紗の上に香典を置きます。

香典を180度回転させ、「ご霊前にお供えください」と言葉をかけて、受付に方に渡します。

香典を渡すもうひとつの方法として、袱紗を畳んで受付テーブルの上に置き、不祝儀袋を両手で渡す方法もあります。

なお、香典はお通夜か葬儀・告別式のどちらかで渡します。お通夜も葬儀・告別式も参列する場合は、お通夜で渡すのが一般的です。

香典袋の選び方や表書きの注意点。御霊前とご御佛前の書き分け方

香典袋には種類があり、金額によってふさわしい香典袋が決まっています。また、香典袋の表書きも、渡すタイミングによって書き分ける必要があります。

香典袋の選び方

3,000円~5,000円の場合 水引が印刷された香典袋で構いません。
10,000円~20,000円の場合 水引がついているものを選びます。
30,000円以上の場合 和紙で作られた高級な香典袋を選びましょう。銀色の水引が一般的です。

表書きの書き方

仏教の葬儀の場合、表書きには御霊前か、御佛前と記載します。表書きは四十九日より前か後かで変わります。四十九日より前の場合は御霊前、後の場合は御佛前です。

仏教において逝去から四十九日の間、故人の魂がこの世とあの世を彷徨っていると考えられています。ですから、四十九日の前に渡す香典の表書きは御霊前となります。

四十九日の忌明けを迎えると、成仏すると考えられていることから、四十九日の後に渡す香典の表書きは、御佛前となります。

ただし、浄土真宗の場合は、逝去した後すぐに成仏すると考えられているため、故人が浄土真宗の場合は御佛前と書きます。

仏教以外の葬儀では、表書きは変わります。神式の場合は御神前、御玉串料、御榊料となります。また、キリスト教の場合は、御花料となります。

香典袋を包む、袱紗の色は紫が一般的

香典袋は袱紗(ふくさ)に包んで持ち運びます。袱紗には種類があり、それぞれに使用方法が異なるため、選ぶ際は注意が必要です。

葬儀で使用する袱紗の色は、紫や青、藍色などの種類がありますが、一般的には紫を選びましょう。

香典を袱紗で包むときは、香典袋を中央よりもやや右に置き、右、下、上、左の順番で包みます。袱紗の包み方には、「繰り返し不幸が起きないように」という意味が込められています。