祭祀料の金額と神主の紹介

葬儀テラスは、氏子として神社と付き合いのない方に、神主を紹介します。神主に渡す祭祀料は、明確に金額を定めています。

祭祀料の金額

祭祀料 斎主神宮1名 斎主・斎員2名 斎主・斎員3名
ご会葬人数の目安 約30名 約60名 約100名
2日間のお務め(通夜祭・葬場祭) 17万円 34万円 51万円
1日間のお務め(葬場祭のみ) 16万円 32万円 48万円

※上記の祭祀料には、神主1人1日あたり1万円のお車代・お膳料が含まれています。

神主紹介サービスの特徴

祭祀料の料金が明確で、追加費用がありません。

祭祀料の内訳

神主1名(参列者30名様以内)で、通夜祭・葬場祭2日間のお務めをお願いしたケース


合計金額 17万円

祭祀料+お車代+お膳料


用語解説

祭祀料 通夜祭、葬場祭でお務めをお願いした際の、神主へのお礼です。
お車代 神主の交通費です。1人1日あたり5,000円です。
お膳料 神主の食事代です。1人1日あたり5,000円です。

神社に所属し、お勤めをしている神主を紹介します

神明造りの神殿・神門を構えた由緒ある神社の、経験豊富な神主を紹介します。葬儀後の年祭にも、整った施設を利用できます。

雅楽の生演奏も用意できます

三官

神道の葬儀では、日本古来1200年の歴史を持つ雅楽の献楽が行われます。通常はCD音源を流しますが、3人1組で管楽器を奏でる三官と呼ばれる怜人(楽士)による、生演奏も依頼できます。


1日のみ15万円/2日間30万円


各楽器のご紹介

篳篥(ひちりき) 主旋律を奏でる竹笛。その音色は「地に在る人の声」を表現しています。
龍笛(りゅうてき) 「天と地を泳ぐ龍の声」に例えられる音色で、主旋律にアクセントをつける横笛です。
笙(しょう) 深みのある和音でベースを担当し、「天から差し込む光」と表現されます。